2017年11月16日

マイルチャンピオンシップで印象深い馬、二ホンピロウイナー!

19日に、競馬のマイルチャンピオンシップ(G1、京都競馬場芝1600メートル)が行われる予定ですが、マイルチャンピオンシップで印象深い馬といえば、第1回と第2回を連覇したニホンピロウイナーでしょうか・・・

短距離の距離体系が整った草創期の名馬で、主戦騎手だった河内洋氏は「芝1400メートルがベストのスプリンター」といいましたが、後の有馬記念馬リードホーユーに勝ったきさらぎ賞(芝1800メートル)、朝日杯チャレンジカップ(芝2000メートル)に勝ち、天皇賞・秋(芝2000メートル)でもギャロップダイナの3着〈ちなみに2着はシンボリルドルフ〉になっているように中距離でも善戦・・・

同時期の短距離の名馬・ハッピープログレスに5勝1敗と勝ち越しており、短距離・マイル戦の「絶対王者」でたとえ皇帝シンボリルドルフでも短距離戦・マイル戦では二ホンピロウイナーに勝てないだろうといわれました・・・

叔父に2冠馬(皐月賞、菊花賞)キタノカチドキがいます・・・

3年連続最優秀スプリンター・・・
posted by keiba-meeting at 09:41| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

ジャパンカップで印象深いレース、オグリキャップの2着になったレース!

競馬のジャパンカップで印象深いレースは第9回のホーリックスが勝ったレースというよりオグリキャップが2着になったレースですね・・・

ニュージーランドのホーリックスの当時の芝2400メートルの世界レコードの快勝も驚きましたが、オグリキャップがマイルチャンピオンシップを激戦で勝ち連闘でジャパンカップに臨み、ホーリックスとタイム差なしクビ差の2着になったのはもっと驚きました・・・


オグリキャップについては、「オグリキャップ」「オグリキャップを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
posted by keiba-meeting at 10:02| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

ジャパンカップで印象深いレース、ジュピターアイランドが勝ったレース!

競馬のジャパンカップで印象深いレースは、第6回のジュピターアイランドが勝ったレースですね・・・

アレミロードとの激しいゴール前・・・

ジュピターアイランドがイギリス調教馬で、騎乗が「追える」パット・エデリー騎手・・・

本場のゴール前の迫力ある「追い」を見ました・・・
posted by keiba-meeting at 09:01| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

ジャパンカップで印象深いレース、シンボリルドルフの勝ったレース!

競馬のジャパンカップで印象深いレースは、第5回のシンボリルドフルが勝ったレースですね・・・

もちろん前年の第4回の日本馬初勝利のカツラギエースが勝ったレースやさらにその前の年の第3回のキョウエイプロミスが自身の競走馬生命と引き換え(レースでの靭帯断裂で競走馬引退)にアイルランド調教馬のスタネーラのクビ差の2着も印象深いですが、キョウエイプロミスは善戦しましたが勝てず、カツラギエースは有力馬が牽制し合う中の逃げ切りで展開に恵まれた感もあり、堂々勝ったシンボリルドルフは「強かった」ですね・・・ちなみに2着は日本の地方競馬のロッキータイガー・・・
(個人的には第1回のアメリカ調教馬のメアジードツの優勝の衝撃(世界レベルの競馬の底力と当時の日本競馬の世界との「差」を感じた)も印象深いですが、第2回の堂々と「王道競馬」をし、2着に敗れたオールアロング、3着に敗れたエイプリルラン(オールアロング、エイプリールランともにフランス調教馬)にもヨーロッパ競馬・ヨーロッパ調教馬の奥深さと底力を感じました、ちなみに優勝はアメリカ調教馬のハーフアイスト)

シンボリルドルフについては、「シンボリルドルフ」「シンボリルドルフを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
posted by keiba-meeting at 10:38| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

第42回エリザベス女王杯はモズカッチャンが優勝!など

12日に、競馬の第42回エリザベス女王杯(G1、京都競馬場芝2200メートル)が行われ、5番人気でミルコ・デムーロ騎手騎乗のモズカっチャンが優勝・・・

ハービンジャー産駒が勝ちました・・・

2着はクビ差で9番人気のクロコスミア、3着はアタマ差で3番人気のミッキークイーンでした・・・

ミッキークイーンは、オークス、秋華賞を勝った牝馬2冠で、古馬になって阪神牝馬ステークスを勝った実力馬で、休み明けで注目馬から外しましたが、注目馬にすればよかったかも・・・

1番人気のヴィブスは5着・・・


同日に、第53回福島記念が行われ、2番人気のウインブライトが優勝・・・

1番人気のサンマルティンは14着・・・


11日に第22回武蔵野ステークスが行われ、6番人気のインカンテーションが優勝・・・

1番人気のサンライズノヴァは12着・・・


同日に、第19回京都ジャンプステークスは、4番人気のマイネルフィエスタが兄テイエムハリアーに続く兄弟制覇・・・

1番人気のタマモプラネットは2着・・・


同日に、母がビリーヴの良血の5番人気のジャンダルムが優勝し2戦2勝・・・

1番人気のフロンティアは4着・・・

posted by keiba-meeting at 16:35| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

エリザベス女王杯で印象深いレース、マックスビューティの牝馬3冠ならずのレース!

競馬のエリザベス女王杯で印象深いレースといえば、第12回のタレンティドガールが勝ったレースというよりマックスビューティが2着に敗れたレースですね・・・

まだ牝馬3冠目がエリザベス女王杯だった時代で、マックスビューティのこれまでの強さから昨年のメジロラモーヌに続く牝馬3冠が確実視されていましたが、マックスビューティがタレンティドガールに差し切られました・・・

マックスビューティの牝馬3冠ならずで印象深いレースです・・・
posted by keiba-meeting at 11:58| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

第42回エリザベス女王杯の注目馬!

12日の15時40分発走予定の第42回エリザベス女王杯(G1、京都競馬場芝2200メートル)の注目馬は・・・

格・実績的にまずはヴィブロス・・・
G1・2勝(秋華賞、ドバイターフ)・・・
ドバイのドバイターフでは、見事な切れ味で優勝した力は、「世界」レベル・・・
ディープインパクト産駒で、ルメール騎手騎乗と血統、鞍上も信頼できる・・・

ハービンジャー産駒のモズカッチャン、ディアドラ・・・

ハーツクライ産駒のリスグラシュー・・・

キングカメハメハ産駒のトーセンビクトリー・・・

ステイゴールド産駒のクロコスミア・・・

マンハッタンカフェ産駒のクイーンズリング、ルージュバック・・・

ディープインパクト産駒のスマートレイヤー・・・
posted by keiba-meeting at 11:10| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

第42回エリザベス女王杯の枠順発表!

10日に、12日に行われる予定の競馬の第42回エリザベス女王杯の枠順が発表・・・

以下に列記・・・

1-1 クインズミラーグロ
1-2 ハッピーユニバンス
2-3 トーセンビクトリー
2-4 クロコスミア
3-5 モズカッチャン
3-6 リスグラシュー
4-7 クイーンズリング
4-8 タッチングスピーチ
5-9 デンコウアンジュ
5-10 ミッキークイーン
6-11 ディアドラ
6-12 スマートレイア―
7-13 ジュールポレール
7-14 ウキヨノカゼ
7-15 マキシマムドバリ
8-16 ヴィブロス
8-17 ルージュバック
8-18 エテルナミノル
(注)
左から、枠番、馬番、馬名
posted by keiba-meeting at 09:55| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

武豊騎手が落馬でケガ!

9日に、中央競馬(JRA)のトップジョッキー・武豊騎手が落馬でケガ・・・

右膝内側側副靭帯損傷のため、12日のエリザベス女王杯などの騎乗予定を全てキャンセル・・・

エリザベス女王杯の騎乗予定だったスマートレイア―は、川田将雅騎手に乗り替わり・・・

今後のキタサンブラック騎乗(次走は26日のジャパンカップを予定)にも影響が出るかもしれない・・・
posted by keiba-meeting at 10:45| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

エリザベス女王杯の印象深いレース、ダイワスカーレットの勝ったレース

競馬のエリザベス女王杯で、印象に残っているレースといえば、ダイワスカーレットの勝った第32回のレースですね・・・

このレースは、ウオッカがこのレースを脚部不安で出走取消で、ダイワスカーレットの独壇場の優勝でした・・・

ウオッカは症状が軽く2週間後のジャパンカップに出走で4着へ・・・


ダイワスカーレットについては、「ダイワスカーレット」「ダイワスカーレットを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
posted by keiba-meeting at 12:26| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする