JRA騎手試験合格者発表など

9日に、JRAは、平成29年度の新規騎手免許試験合格者5人を発表・・・

川俣賢治
木幡育也
富田暁
武藤雅
横山武史
(注)
敬称略

木幡育也騎手は、父、兄2人と史上初の人同時騎手・・・

横山武史騎手は、典弘騎手の子息・・・


同日に、調教師の勇退、騎手の新規調教師免許取得による現役引退も発表・・・

今月いっぱいで引退する調教師、騎手・・・
(調教師)
菅原泰夫 5085戦248勝
坪憲章 5033戦374勝
長浜博之 5348戦523勝
成島英春 3894戦147勝
(騎手)
武幸四郎 9089戦692勝
田中博康 3723戦129勝

posted by keiba-meeting at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松田騎手が免停中にスピード超過!

9日に、JRAは、松田大作騎手が道路交通法違反で検挙されたのを受け、騎乗停止処分に・・・
(期日未定)

同騎手は、2日に免許停止期間中にもかかわらず、自動車を運転し、スピード超過で検挙されました・・・
posted by keiba-meeting at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

スペシャルウィーク種牡馬を引退!

1998年の日本ダービー馬のスペシャルウィーク(父サンデーサイレンス)が受胎率の低下で種牡馬を引退・・・

同馬は、武豊騎手騎乗で最初の日本ダービー馬として知られ、他に1999年のジャパンカップ、春・秋の天皇賞を勝った名競走馬で、種牡馬としてもG1・6勝のブエノビスタなど5頭のG1馬を輩出・・・
母の父としてもエピファネイヤなどがG1馬に・・・
posted by keiba-meeting at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

第67回東京新聞杯はブラックスピネルが優勝など

5日に、第67回東京新聞杯が行われ、3番人気のブラックスピネルが優勝・・・

同馬は、重賞初制覇・・・

1番人気のエアスピネルは3着・・・


同日に、第57回きさらぎ賞が行われ、6番人気の伏兵・アメリカズカップが優勝・・・

圧倒的1番人気のサトノアーサーは2着で、デビュー3戦目で初黒星・・・
posted by keiba-meeting at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

戸崎騎手が1年4ヶ月ぶりに制裁!

4日の東京10レースで、戸崎圭太騎手が1年4か月ぶりに制裁(斜行のため)・・・

同騎手は、昨年、史上初めて制裁点ゼロでJRAリーディングジョッキーとなりました・・・

同騎手が制裁(斜行のため)を受けたのは、2015年10月4日の中山11レース以来1年4ヶ月ぶり・・・
posted by keiba-meeting at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディープインパクト産駒が史上最速のJRA通算1300勝到達!

4日の京都10レースで、ディープインパクト産駒がJRA史上8頭目の通算1300勝を達成・・・

初出走日(2010年6月20日)から6年7ヶ月16日での1300勝到達は、キングカメハメハの7年5ヶ月29日を抜き史上最速・・・

そのキングカメハメハは、1月に8年6ヶ月26日で史上最速の1500勝を達成・・・

ちなみに、種牡馬の史上最多勝利は、ディープインパクトの父のサンデーサイレンスの2749勝・・・
posted by keiba-meeting at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

川崎記念はオールブラッシュが優勝!

1日に、交流G1の川崎記念が行われ、JRA所属のオールブラッシュが逃げ切り勝ちでG1初制覇・・・

断然の1番人気のJRA賞最優秀ダートホース・サウンドトゥルー(JRA所属)は、追い込んだものの、3馬身差の2着・・・
posted by keiba-meeting at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

サトノダイヤモンド、春は天皇賞・春、秋は凱旋門賞が目標!

1月31日の2016年度のJRA賞授賞式で、最優秀3歳牡馬のサトノダイヤモンド(父・ディープインパクト)の今年のローテーションが発表・・・

春は・・・
国内専念で
阪神大賞典→天皇賞・春
天皇賞・春の後、宝塚記念に出走する場合もあるが、基本的には上記の2戦のみ・・・

秋は・・・
凱旋門賞挑戦で
フォア賞→凱旋門賞

天皇賞・春でキタサンブラックとの再戦となりそう・・・


なお、最優秀2歳牡馬のサトノアレス(父・ディープインパクト)は、スプリングステークスから始動の予定・・・
posted by keiba-meeting at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キタサンブラックのラストランは有馬記念 キタサンブラックのラストランは有馬記念

1月30日に、2016年度のJRA賞授賞式が行われ、昨年の年度代表馬キタサンブラック(父ブラックタイド・ディープインパクトの全兄)の今年のローテーションが発表されました・・・

それによると・・・

春は、大阪杯→天皇賞・春→宝塚記念の国内専念で・・・

秋は、国内専念の場合と凱旋門賞挑戦の場合で、凱旋門賞挑戦は、春の「結果」やその時の馬の状態を見て判断するようです・・・

国内専念の場合
京都大賞典→ジャパンカップ→有馬記念

凱旋門賞挑戦の場合
フォア賞→凱旋門賞→有馬記念

キタサンブラックは今年いっぱいで現役引退の意向で・・・

いずれにしてもラストランは有馬記念となりそうです・・・
posted by keiba-meeting at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする